決められた時間内で「伝える」スキル。

ワン・ライフ訪問看護ステーション 鈴木勇気です。

先日、ラジオ収録を経験させて頂きました。緊張しましたが、何とかやりきりました。

いつもはYouTubeでラジオをやっているのですが、正確には時間を決めておらず、丁度良い所で終わるようにしています。時間が決まっていない分、いつも話しているように無意識に近い状態で話ができるので、ありのままを伝えられているメリットがあるなと感じていました。

今回は時間は決まっており、相槌するタイミングを考え(編集しやすいように)、かつ噛まないように意識したため、ぎこちない、いわゆる棒読みになってしまいました。決められた時間内で「伝える」事の難しさを痛感致しました…。

今回の経験を活かして、端的に物事を伝えられるよう、練習していきたいと思います!

 

棒読みになってしまい大変恥ずかしいのですが、もしよろしければ放送きいて頂けると嬉しいです。

令和3年8月放送分に出る予定です。よろしくお願い致します。

関連記事

  1. わんらいふ医療・介護相談室

  2. お部屋の空気汚していませんか?エアコン丸洗いで感染予防!

  3. 一般社団法人神奈川県作業療法士代議員に選出されました!

  4. 令和2年度 年末年始のお知らせ

  5. ホームページが新しくなりました!

  6. 月刊ワン・ライフ 2021春分号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


会社情報とお知らせ

株式会社ワン・ライフの会社情報とお知らせです。

事業所一覧

株式会社ワン・ライフの事業所一覧です。

フェイスブック

YouTube